良薬は口に苦し・・・を考える

さまーほりでー♪

 

皆様 青春を 暑い夏を 謳歌していますか?

 

私は 部屋の片付けと事務仕事三昧 夏をエンジョイいたしました(棒読み)

 

さて

 

お休み明けのHimawariでは 早速スタッフミーティング

今後の世界状況について 激しく討論を行いました

 

その中 一つの疑問が…

 

ハーブティーは 今の身体に必要ないと感じると 味が変わっていく

美味しいと思えるのは 今 そのハーブティーが身体に必要だから

 

では

 

なぜ

 

良薬は口に苦し と言うのでしょうか   と…

 

確かに

口に苦いものが良薬であるなら えらい矛盾が発生してしまうではないですか!

 

こりゃ大変だ!

 

ということで 調べてみました in 図書館

 

 

「良薬は口に苦し」

 

「孔子家語」の巻第四 六本 第十五/辯物の中にありました

 

「良薬苦口而利於病。忠言逆於耳、利於行。」

「良薬は口に苦くして、病に利あり。忠告は耳に逆らひて、行ひに利あり。」多分あってる…

 

君主が道を外してしまいそうなとき、ちゃんと言える部下がいなくてはダメ

その部下の忠告をちゃんと聞けなければ 滅びてしまう

良い薬は苦いけど病気によく効く

忠告は耳に痛いけど正すにはよく効く

 

みたいなことを言ってると思う

 

調べてみると この手の例えが 結構出てくるんだよね

 

韓非子、三国志、にもでてるみたいです

 

 

苦い薬が良い というより

忠告はちゃんと聞きなさいよ 

という意味合いが多いみたいですね

 

孔子が言いたいのは

「真心から諌めた言葉は、快く聞き入れ難いものだが、有益である。」

上に立つもの 常に謙虚な姿勢でいるように

ってことなんですかね

 

 

そのころは センブリなどの生薬を煎じて飲んでいたみたいです

体に合う合わないの選択以前に

薬となる生薬が限られていたとすれば

やはり 苦い薬が身体に効いていたのかもしれないですねぇ

 

 

しかし 学生はすごい

私が来る前からいるのに ずっと勉強してる うちの子に見せたい…

 

私はちょっと調べることに限界を感じてきたので…体力的にね

 

お医者さんに聞いちゃいました

良い薬は苦いんですか??

 


苦いから良いのではなくて 効く薬が良薬なんでしょう

では 効く薬とは何でしょうか?

あなたは 薬はいつ飲みますか?

体調を崩したり 病気になった時に飲みますよね

でも 病気を治すのは本人の持っている治癒力であって 薬はそのお手伝いをするだけです

未だに 風邪を治す薬はありません

例えば その薬ができたのなら 良薬になるかもしれませんね

 

 

そういえば うちの大先生「ヒポクラテス様」が言ってました

 

歩くことが一番の良薬って

 

 

「忠言払於耳。」を伝えるために使われてきた例え言葉が

「良薬は口に苦し」なのかな

 

 

掘り下げていくと あちこちに話が飛んで行って

キリがないのですが

 

結論として

私が思うに 

 

今はやっぱり美味しいハーブティが身体にいい!

 

でいいんじゃないのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブティー 続かないあなたへ

 

素敵なハーブティたくさん売ってますが、朝はコーヒー派です

 

と言っちゃってるくらいの私ですから

コーヒーよく飲みます

 

 

あンた商売してンだから

ハーブティーを飲めばいいンですよ

と思われる方

 

私もそう思います・・・

 

なんで コーヒー欲しくなるンでしょうかね

 

 

これは 理由があるのですよ

 

それは カフェイン

コーヒーや紅茶などには カフェインが入っています

(入っていないのもありますけどね)

このカフェインには 依存性があります

ってことは 習慣性があるってことなんです

飲む量が増えて だんだん濃いめが好きになり

「そろそろコーヒー飲みたいなぁ」・・・となります

 

だからってコーヒーが悪いなんて言ってませんよ

私は好きですし

 

要するにね

ハーブティーには 依存性が無いのよ

ってことは 習慣性がないってことなんです

 

「そろそろハーブティー飲みたいなぁ」・・・とならないンです

 

もともとハーブティーが好きでもない人が

そこそこ美味しいハーブティーに出会って(うちのはとっても美味しいのですがなにか

始めたところで 依存性のないハーブティー

意識して飲まないと続かないンです

 

意識して飲まなきゃならないハーブティーと

無意識に欲しくなるコーヒー

 

そのうち

「ハーブティー飲む気にならないなぁ」とか言っちゃうンだよね

コーヒーに限らずに 依存性のある飲み物に負けちゃうのよね

 

ここで 結果的なメリットがついてくると ハーブティーが追い上げてくるンですよ

例えば美味しいとか リラックスできるとか 体調がよくなったとか

うちのハーブティは美味しくてリラックスできますがなにか

結果が嬉しくなると 続くきっかけになりますよね

だから ハーブティーと出会うきっかけは 体調を崩してるときが多いのかもしれません

 

要するに 身体がいいなって感じ取れるまで 意識的に続けていき

依存ではない習慣 にしていくンですよ

 

そもそも 依存性がないって イイことなンですけどね

 

 

ハーブティーが合わないから続かないのではなく

続かないのがマストです

 

続かないことに不安を感じなくて大丈夫なンです

うちのハーブティを少しづつ買って色々飲んでいくのが一番です

好みに調合しますしね

 

 

ハーブティー 嫌いなあなたへ

 

ハーブティー…苦手です

飲まず嫌いです

草っぽい

冷めるとまずい

面倒くさい

高い

 

よく聞きます…

 

いいんです 入り口はそれで

 

 

私も ハーブティー 嫌いでした

正直  今も それほど好きではありません…

 

でも ハーブって 身体にいいンですよ

なぜって?

 

植物って 好きな場所に定住できるわけじゃないですよね

たまたま そこに根を生やしてしまった…みたいな

そして その場所で一生を過ごすことになる

 

そこで植物は考えます

 

動けないンだったら 自分の身は自分で守らないと!

日に当たりすぎても酸化しにくい身体にしないと!

虫に喰われないように嫌な香りださないと!

変な菌に侵されないように勝てる成分作っとかないと!

 

こうやって 植物たちが自分にとって有害な事や物から身を守るために作り出される成分を

フィトケミカル または植物性化学物質と言います

このフィトケミカルの力が特に強くて 成分が人間に役立てるものが「ハーブ」なンです

そして このハーブを美容や健康に役立てることを フィトセラピー(植物療法)と言います

フィトセラピーは はるか昔から行われてきた療法なンです

 

一つのハーブには 何百もの色々な成分 フィトケミカル成分が含まれています

それらが色々な角度から身体の内面に作用していきます

薬とは違い 多方面に活躍するハーブ

 

植物の優しい力…

即効性はないけど  

でも 「何となくいいかも・・・」

 

「ハーブ」って そんなやつなンです

ねっ  イイ草でしょ

 

そんなイイ草 なンですけど

あまり 好かれないンですよねー

 

 

だから 考えたんです

 

 

好きになりやすくすればいいかな  って

 

 

まずは単純に 美味しければいいでしょ

嫌いな私でも 美味しいって言える「ハーブティー」

それが 身体にいいなら なおさらいいよね!

 

いやいや

そんなハーブティーなら スーパーで売ってるよ

と言うあなた

 

えーっと…

 

そうです

そうなんです

それで飲めるのであれば  それでいいです

 

伝えたいのは うちのハーブティを飲め!

じゃなくて

ハーブティーを好きになってほしい という事

 

 

たださ

それぞれに好みもあるしね

香料入ってると嫌だとかさ

ノンカフェインがいいとかさ

 

 

あーそうなんだ

なら なにを選べばいいンだろう

と言うあなた

 

心配だったら

お店に人がいるハーブティー屋さん 行ってみてよ

 

色々教えてくれるからさ

その店のブレンドもあるだろうし

店によっては そこで調合してくれたりもするよね

 

 

そして

その中の選択肢の一つに Himawariがあれば いいかな

 

なんども言うけど 私は ハーブティー嫌いな方です

だからこそ Himawariでは 初めてでも飲みやすい味

口当たりの良い味 のハーブティーを創ってます

 

飲みやすい=甘い だけではないです

 

お茶のような喉越しにしてみたり

喉が気になる方に合うように あえて喉にとどまる感じで創ってみたり

もちろん

来て頂いて方でも ネット販売でも

あなた専用の調合もできますよ

 


私ね

ハーブが効いてるのかは

正直 わかりません

 

見えないですからね

ハーブ達が活躍してる姿

 

見たいけどね

 

でもね

確かに 飲んで体調変わっていくンです

あっ 効いてるなって感じるンです

 

ただ そのハーブティが 万人に合うとは限らないですし

その時の体調や気持ちで

今まで美味しかったハーブティが 急に美味しくなくなる時もあるンです

 

それは

ハーブ達が 今 あなたの身体には私たちは要らないンですよ

今日は 違うハーブ達を選んでください

って言ってる事なンです

 

イイ草らでしょ

 

そんな健気な草らだから

みんなに少しでも 理解していただきたい

 

身体のために作用するハーブ

飲めないならしょうがないけど

飲まないのは ちょっともったいない気がするのよ

 

身体が弱かったせいもあるけど

身体にいいものは 取り入れたい

薬に頼らず 自然の力を…

 

そんな想いも込めてできた Himawari

 

ハーブ嫌いな私が

ハーブ嫌いの良さを伝えたくて始めたHimawari

 

少しでもハーブに興味持っていただけたら 嬉しい限りです